フェリカポケットマーケティング株式会社

CASE

SCROLL
  • 地域ポイント

めぐりんポイント

めぐりんポイント ~ 香川県 ポイント生活 できる県!? ~
めぐりんポイントとは、高松市を中心に県内で約500か所のお店や施設等でご利用いただける地域共通のコミュニティポイントです。
ため方もいろいろ。お買い物は勿論、商店街のお掃除や地元スポーツチームの応援、電力やガス料金のポイントとの交換など、生活の様々なシーンでためることができます。
たまったポイントは、商品と交換できる他、地元NPO団体への寄付が出来ます。

事業開始時期

2009年6月

事業主体者

サイテックアイ株式会社

https://psytec-ai.com/

目的

めぐりんポイントを活用することで「香川県が元気になったなぁ」と実感できるようなコミュニティポイントを目指します。

サービス立ち上げの背景

「めぐりんポイント」は、全国でも珍しい、地元の民間企業が単独で立ち上げた地域ポイント事業です。地元香川県のために一肌脱ぎますという会社が立ち上げた地域ポイントめぐりんは、苦難の連続でした。
今では当たり前に運用されているポイントサービスも、立ち上げ当初は手探り状態で、運用スキームも確立されていませんでした。
知り合いのお店に加盟店となっていただき、利用した感想やご意見をいただきながら、生まれ故郷がなんとか元気になってほしいという一心で、徐々にサービスを拡大してきました。
地域ポイント事業を成功させるポイントは、地元の方のリーダーシップとそれに見合ったソリューション、そしてその地域に寄り添ったサービスになっているかが重要ではないかと思っています。

サービスの特徴

① 既に生活インフラとして普及しているカードを活用できる。

 

<めぐりんが利用出来る主なカード>

ご当地WAONカード、香川大学の学生証・教職員証、高松市役所の職員証、琴平電気鉄道のIruCaカード※、小豆島スポーティーズめぐりんカード 等

※フェリカポケットが搭載されたIruCaカードが対象です。

 

② 行政の補助金を一切利用していない。

一般的には、サービス開始時に行政の補助を受ける場合が大半であるが、唯一補助金を1円も使わず10年目(平成31年1月時点)に突入。

最初から自走するしかなかったという意味においては大変厳しい運用を強いられてきましたが、

その分様々なノウハウと力量が備わってきたということがいえます。

今後の展望

民間事業者からスタートした「めぐりんポイント」は、現在では行政も取り組みに加わっており、

健康ポイントやボランティアポイント、自治体ペイなどにも対応がスタートしています。

最近では、小豆島で新たに約80店舗が加盟店に加入することになり、より多くのお店でめぐりんが使えるようになってきました。

そして今後は、プレミアム商品券を、めぐりんカードを使って発行していく取り組みもスタートする予定です。

より、産学官民が連携することによって、「めぐりんを使えば、香川がもっと元気になる」と、ユーザーが実感できるサービスが求められています。

公式ホームページ